模試でE判定をくらったとき、不安から脱却してすぐに勉強に戻る4つの方法

落ち込むサイ




名前
このあいだの模試、E 判定だった…。やば・・・こんなの合格とか無理・・・

模試の判定で E 判定をくらうとかなり凹みますよね。

だけど、受験当日じゃなくてよかったじゃないですか!まだ当日まで時間があります。

気持ちを切り替えて、引き続き受験勉強に励みましょう。

今回はそうはいってもうまく気持ちが切り替えられない人への処方箋です。

1.物語の主人公だったら、と考える

もしも、あなたがアニメやドラマなどの主人公だったらと想像してください。

その物語は、○○大学(あなたの志望校)での主人公の成長を描いたものです。

物語は主人公が○○大学を目指して受験勉強をしているところからはじまります。

ある日、主人公は模試で E 判定を受けます。落胆する主人公。

さて、このあと主人公はどうしますか?

落ち込んでいじけるか…合格を信じて勉強するか…。

どうすれば奇跡の逆転合格シーンまでたどり着くか、わかりますよね。

あなたも現実世界でその主人公になったつもりで行動しよう。

本当に合格したら、あなたもアニメやドラマの主人公並に格好いいですよ!!

スポンサーリンク

2.判定にとらわれず、データとしていかす

まず、判定に一喜一憂しないことが大事です。判定はあくまでも判定。

その判定を「いかす」ように努めましょう。

具体的には、下記のとおりです。模試までの勉強方法と模試当日を振り返り、これからの勉強方針を見直します。

1)勉強をあまりしなかったので E 判定も納得

→つべこべ言わずに勉強するしかありませんね。

勉強したくないのなら志望校や受験方法の見直しをしてもよいです。

2)勉強はしたが模試の手応えはなかった

→基本的な設問でのミスが多かった場合。基礎がおろそかになっている可能性があります。基礎からもう一度復習しましょう。このブログを参考にして下さい

→基本問題は解けている場合。勉強量が積み重なって実力となるまでにタイムラグがあります。今はその途上ですので大丈夫。この調子で勉強を重ね、応用へとステップアップしましょう。

3)勉強したし模試も手応えがあったが、ケアレスミスが多かった

→実はこれが一番怖いです。

本当はあやふやなまま「できたつもり」になっているところはありませんか。

詰めの甘さが残らないよう、一項目ずつやりきって下さい。

どう勉強すればよいかわからないところは、素直に先生などに指導を仰ぎましょう。

3. 模試を全く復習しないのもあり

正直言って間違いだらけの模試を一から復習するのは辛いものです。ほとんど解けていなかったら、自分にはまだ早かったと思って放置するのもありです。

自分は駿台〇国模試を受けたとき、あまりにも点数が悪すぎたので、復習しないで放置したことがあります

ある程度実力がついてきたら、、もう一度解きなおしてみましょう

スポンサーリンク

4.自分を応援してくれる人の声を集める

最後に、E 判定から合格した友達がしたことを紹介します。

E 判定をとったら気になるのが周りの声。無理だ、諦めろなどの声が聞こえてくるかもしれません。それでも「志望校に合格する」へとブレずにいるために、自分の味方になる/励まされたと感じる言葉を集めます。

身近な人の言葉でもいいですし、本やネットでみた表現でもいいです。それを紙に書いて、心折れそうになったとき見直しましょう。

「どうしよう…」ではなく「大丈夫」「やるんだ」という気持ちにチューニングするイメージです。

 

判定に嘆いていても時間が流れるだけ。最後まで淡々と勉強しましょう!判定に負けず淡々と受験勉強を頑張ってください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です