慶応経済A方式は理系でも本当に入れるの?

宙に浮く水玉




理系の受験生
慶応経済って、試験科目だけ見ると理系でも受験できそうだけど、本当はどうなんだろうか・・・?

理系で慶應経済を受験しようとする人、結構多いですよね。理系で慶應経済を受験する人の心配事をまとめると以下のようになるのではないでしょうか?

理系が慶應経済を受けるときに気になること
・慶應経済の中で元理系の学生はどれくらいいるの?

・小論文って理系でも解けるの?

・大学に入ってやる学問が理系とあまりにも離れすぎていないか?

ちなみに、この記事を書いている僕は2017年の慶應経済入試を突破した現在2年生の慶應経済生です(文系)。慶應経済に入る前や入った後の話を含めてまとめていきたいと思います

慶応経済Aで理系出身者は結構いる

試験科目が英数小論文なので、小論文さえ除けば慶應経済は理系でも受験できます。

ですので、実際の受験者数のうち理系の割合はかなり高く、個人的な体感では慶応経済A方式全体の2割ほどいるのかな、といった感じです。

あんまり入った後は文系理系とか気にすることはないんですけど、ちょっと聞いてみると

「もともと東大理系志望だったんだけど・・・」

という人が結構います。

理系で受けてみたい!という方は入った後に周りが文系だらけになるわけではないので安心してください。

スポンサーリンク

小論文は理系でも解けるのか

結論から言うと解けます

一度試験を受けた人間から言わせてもらうと、小論文はあんまり文系理系が関係ないですね。どんな人でも年明けから対策すれば合格レベルに到達することはできますよ。

慶応経済小論文を年明けから対策して、良質な小論文が書けるようになる勉強法についてはこちらの記事を読んでください

慶應経済小論文の予備校なしでできる対策とおすすめ参考書!

2018年4月8日

理系が文系学部と思ってなめていると死ぬ

小論文が理系でも解けるなら余裕っしょ!と思うかもしれませんが、慶應経済はそんなに甘くはありません。

というのも、ここ数年の数学はかなりきつい内容が多く、理系でも歯が立たないような問題が大量に発生しています。

僕が受けた2017年の数学第4~6問は理系の知識がほぼ前提で、理系でもかなりセンスのある人じゃないと解けない・・・という感じの鬼畜問題でした。文系にはほとんど無理でしたね。

数学が鬼門なので、英語が弱いと理系でも余裕で合格するのはきついと思います。理系の方は英語を安定させましょう

大学に入ったあとの学問について

理系の人はもともとやりたかった学問と違うこともあって、本当に入った後勉強のモチベーションを維持できるのか心配になると思います。

しかし、理工学部でも教えている先生の言葉を使わしてもらうと、やってることは理系と大して変わらないらしいです

大体1年で微分積分と線形代数をやって、2年から経済数学をゴリゴリで進めていきます。理科はやらないですが、数学のきつさは理工と一緒ですね。

就職の良さは言わずもがななので、就職に有利だから・・・という理由で理系を選んだ人はあまり不満がないと思います。

慶応経済は理科のない理系だと思っていただければ大丈夫です。

経済学部が合わなくても、3年次に理工学部に転部することができる

慶應経済は理工とあまり変わらないといいましたが、それでも経済学という学問と相性が合わないかもしれません。

しかし、慶應経済と慶應理工は1,2年でやる数学の単位がかなり似ているので、2年から3年に上がるときに理工に転部することが可能です。

真面目に勉強して成績を積み重ねるのが前提ですが、やっぱり理工に行きたい!という方は挽回するチャンスが残されています。安心してください。

スポンサーリンク

まとめ:慶應経済は理系でも入れる

慶応経済は小論文をささっと対策すれば理系でも受験することができます。

ただし、試験会場の受験生は文系でも数学がトップクラスの学生です。理系だからと言って手を抜かずに過去問対策をしておきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です