twitterは勉強の孤独を和らげる!受験生が勉強垢を作る3つのメリット

Twitterをいじる男性の画像




受験期になると、それまで使っていたSNSも使用を控えたほうがいいという風潮が流れます

でも、実際に勉強を始めると寂しくなり、中々スマホから離れられませんよね。そういう人は、リア垢とは別に匿名の勉強垢を作成することをおすすめします。

ちなみにこの記事を書いている僕も受験期はSNSでガンガン呟いていた派の人間です。今回は受験期にtwitterで匿名垢を作成する効果について書こうと思います。

メリット1:twitterの匿名アカウントは何でもつぶやける

学校の知り合いをフォローしていない限り、twitterの勉強垢だったら大体何でもつぶやけます。僕は人間関係での不満を中心に吐いていました。

Instagramだと中々自分の本音が話せず疲れるので、受験生はTwitterを使ったほうがいいと思います

ちなみに、勉強垢界隈のタイムラインにはたびたび長文闇ツイートが流れます。

自分がSNSに本音を書いて周りに迷惑が掛からないかと思うかもしれませんが、みんな同じようなことを書いているし、いいね!を押して流していくだけなので大丈夫ですよ。

むしろ僕は定期的にリアルの本音を吐いていたおかげで、健康でいられた気がします。

受験勉強が始まったらリア垢は閉鎖しよう

僕は受験勉強を始めたとき、すぐにリア垢を閉鎖しました。理由は主に以下の2つです↓↓↓

リア垢をログアウトした理由
・学校で十分に絡んでる

・リア垢を続けてると受験勉強を始めた感じがしない

僕は勉強は一人でするものだと思っているので、ずっと学校の友達とtwitterで勉強の話をしているのが嫌でした。

学校の友達とのやり取りはなんというか傷の舐めあいのような雰囲気が強かったので、7月ごろにはリア垢をログアウトしました。

僕の高校の友達はみんな7・8月くらいから一斉にログアウトしだしたので、受験生のリア垢の運用は8月くらいで止めたほうがいい気がします。

スポンサーリンク

メリット2:学校に同じ志望校の人がいない場合、twitterは最高のモチベーション維持装置になる

僕が受験期に勉強垢をもっていた最大の理由はこれですね。僕の高校はたいして頭がいいわけではなく、慶應に合格するのは毎年数人でした。

でまあ、第一志望が同じ人間なんて10人もおらず、顔は知っててもそこまで仲良くなかったので、受験勉強を始めたころは結構孤立していました。

あの頃はかなり寂しく、不安が強すぎて勉強のモチベーションが出ませんでしたね。

ですがtwitterを始めて、自分と似た境遇の人と話が弾んだり、めちゃくちゃ頭のいい人のつぶやきを見て、やる気やプレッシャーを貰うことができました。

顔が見えないデジタル上の空間でも、同じ志望校の人や、その志望校に余裕で合格するレベルの人と接するとかなりやる気が出ます。

自分の周りに同じ大学を目指す人がいないならば、積極的にtwitterを使ってみましょう。

頭のいい人ほどツイ廃が多い

これは一概には言えないのですが、頭のいい人(東大模試1位とか)ほど、なぜかいつもタイムラインにいる人だったりします。

真似をしないほうがいいと思いますが、時々有益な発言をしているのでフォローしていたほうがいいのではないでしょうか。

メリット3:友達ができる

長く続けてればTwitterで勉強友達はできます。模試の成績とか晒してたらいくらでも絡んでくる人はいますよ。

受験生時代は学校に行く時間が少なかったうえ、僕は予備校にほとんど行ってなかったので、twitter上の友達は心の支えでした。twitterやってなかったら孤独で死んでたと思います。

ちなみにお互い本音を呟き合っていると、下手したらリアルの友達よりお互いの事情を知ってることがあります。僕はそのレベルまでいったことがありました。

仲良くなれた人とは、定期的に絡んでいたほうがお互いにいい影響が出ます。志望校に合格すれば晴れて対面ですね。同じ大学で会えるように受験勉強を頑張りましょう。

スポンサーリンク

とはいえ、やりすぎには注意しよう!

当り前ですがTwitterをやってたって成績は上がりません。あくまで孤独の解消や情報収集に使いましょう。

一日30分くらいまでだったら使いすぎではないので、一日の限度はこれくらいにしておきましょう。

twitterが合わないと感じたら、スタディプラスを使おう

スタディプラスのロゴマーク

twitterだと確かに交流はできるけど、ちょっと交流しすぎな気もする・・・という人は、スタディプラスを併用して使うことをおすすめします。

僕は受験期にスタディプラスとtwitterを併用していました。スタディプラスを中心に運用して、時々Twitterに顔を出す・・・という感じですね

スタディプラスは匿名性が高く、ユーザーの質もtwitterより良いですよ。というかTwitterでうるさい人がスタディプラスではなんだか真面目になります。

スタディプラスはそういう空気があるので、真面目に勉強しつつちょっとつぶやきたい・・・くらいの人はこっちだけで大丈夫でしょう。

スタディプラスの使い方についてはこちらの記事を読んでください。

スタディプラスのロゴマーク

スタディプラスをフル活用して勉強の質を飛躍的に伸ばす8つのコツ

2018年5月17日
スポンサーリンク

まとめ

受験生にTwitterなんていらねえ!という意見は結構聞きますが、人間一人じゃ生きていけません。

学校の友達との関わりが薄くなる受験期は、他人と接する時間がものすごく重要になります。その時間が気軽に手に入るなら、一日30分くらいスマホをいじってもいいのではないでしょうか。

勉強ばかりにとりつかれて、大切なものを見失わないようにしましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です