【暗記はしない?】速読英単語を使いこなせない人におすすめな使い方

速読英単語




英単語を覚えられない受験生
速読英単語買って見たけど、なんだか長文読むのめんどくさくなってきた・・・。覚えるのに時間かかりすぎじゃない?

受験勉強を始めるとき、速読英単語買って見たのに使いこなせないで悩んでいませんか?

英単語を覚えるはずが、長文を読むのがメインになって英単語を覚えられなくなってしまいますよね。あと、CDもなんか長くて使いづらいですし。

そういう人は、この記事を読んで速読英単語の使い方を見直してみるといいと思います

受験期間はただでさえ時間がないので、合わないな、と思ったらすぐに使い方を見直すのが受験勉強を進めるうえでおすすめです。

そこでこの記事では速読英単語のメリット、デメリットを考え、効率的に使う方法を紹介します!

速読英単語は1冊目に選ぶと使いづらい

 

速読英単語は長文を覚えながら英単語を覚えられるというのがウリですが、やってみると「なんで英単語覚えているのに長文読んでるの?」という気になりますよね

僕はそこが嫌で、1つの長文を覚えるというのがやってみるとできませんでした。知らない単語を覚えるのはできるんですが、知らない単語で構成された長文を読むのはちょっと・・・という感じですね。

あと、当時は別の教材で英語長文を大量に読んでいたので、「もうこれ以上読みたくねえな」という気持ちがありました。

ですから、速読英単語を使ってみて以下のように思った人は、使うのを一回控えたほうがいいと思います

速読英単語をやめたほうがいい人

・長文を一日中読みたくない人

・長文より英単語だけを覚えたい人

スポンサーリンク

一通り別の英単語を終えた後、復習用として使うのがおすすめ

僕は速読英単語をあきらめた後にシスタンを使ったのですが、5か月ほどかけてシスタンを覚えました。

シスタンを使ってみた記録についてはこちらの記事からどうぞ

システム英単語とシステム英単語cd

システム英単語はCDを使う必要があるのだろうか?

2018年5月7日

高3の時は受験勉強全体を通してシスタンをかなりやりこんだのですが、だんだん英単語の位置で英単語を覚えてきてしまいました。

やっぱり同じ単語帳を一年も使い続けるのはちょっときついですね。

12月ごろにはページの雰囲気からどこに英単語があるかまで覚えてしまったので、別の英単語帳で復習しなければいけなくなりました

ターゲットでも使おうかなー、でも、時間かかるしなあ・・・と英単語帳を探しているところに思い出したのが、春先に捨てた諦めたこの「速読英単語」でした!!

実はこれ、シスタンが終わったタイミングでやって大正解でした

僕の使い方はこんな感じです↓

①最初はベッドでふむふむと読み、知らない単語をチェック

②チェックした知らない単語(100語ほどありました)を100均で買った単語帳にまとめ、覚えていく

③シスタンに出てこなかった単語・忘れていた単語をカバー!

この①~③の過程は3日ほどで、コスパがかなり良く感じました。あと、知っている単語だけの長文をスラスラ読んでいくのはかなり気持ちが良かったですね

速読英単語が合わないは1冊別の単語帳を使ってから、知らない単語を探すために一気に長文を読み直すように使いましょう

1冊目に買ってしまった人は、いったん別のものを買おう

 1冊目に速読英単語を選んでみて、やっぱりあわないな・・・と思った人は、いったん別の英単語帳を買いましょう。
個人的にはシスタンがおススメです

受験勉強始めたばかりなのに英単語帳を2冊も買うのはちょっと・・・と思うかもしれませんが、 どうせ1000円ちょっとの出費なんですから気にしなくて大丈夫ですよ。

他にも慶應を目指すならターゲット1900なんかがおススメです

スポンサーリンク

まとめ

速読英単語はいきなり手を出すと大体の人が放棄する単語帳です。長文主体なのであんまり単語帳とも言えないですね

どうしても苦手だなーという人は僕のように一旦手を引いて、別の単語帳を覚えてからリベンジしに来ましょう

2冊も単語帳をやれば、大学受験の英語は大体大丈夫ですよ!

ここまで読んでいただきありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です