【実体験】漫画版源氏物語を読めば、本当に古文の得点はあがるの?

源氏物語




古文を勉強するJK
先生に古文の勉強をするなら源氏物語の漫画を読んだ方がいいと勧められたけど、本当に漫画で成績が上がるのかな

古文では登場する回数がもっとも多いといわれる「源氏物語」

それの漫画版は、読む価値があるといわれて読もうか悩む受験生は多いのではないでしょうか。時間の無駄になったら嫌ですよね。

そこでこの記事では、受験時代に実際に漫画版を読んだ僕の感想と、漫画を読めば本当に成績が上がるのかどうかについて書きます。

【おすすめツートップ!】漫画源氏物語「あさきゆめみし」「まろ、ん?」

源氏物語を扱った本・漫画は多くありますが、僕のおすすめは「あさきゆめみし」と「まろ、ん?」です。それぞれの内容やおすすめポイントについて書きます。

「あさきゆめみし」

 

「あさきゆめみし」は源氏物語を題材にした少女漫画です。1980 年(!)に第一巻が発行されてから、ドラマのようなめくるめく世界に引き込まれた人々に長く読み継がれています。

読み物としては面白くても原作に漫画ならではの創作が加わっていると、受験生にとっては困りますよね。

ですが、本作品は原作および当時の時代背景をかなり忠実に漫画にしてあると評判です。

宇治十帖(※1)も含まれており、源氏物語の全体の流れなど予備知識を仕入れるためにはもってこいの漫画といえるでしょう。

(※1)源氏物語五十四帖のうち最後の十帖を指す。舞台が宇治になるなど違いも多いことからほかの帖と分けて扱われることも多い。

(注意)宇治十帖をいれていない版もありますので要注意。講談社コミックスミミから出版されたものは宇治十帖が入っています。

ただ、一つ言っておきたいのはほとんどの男子にとっては面白くはないということ

源氏物語という仰々しい名前を冠していますが、中身はただのドロドロ少女漫画です。

女子は多分面白いのでしょうが、僕は絵がかなりきつかったので1回読んでそれっきりという感じでした。

ただ、内容があまりにも強烈だったので中身はかなり覚えています。読んでよかったとは思いますね。

「まろ、ん?」

こちらは副題に「大掴源氏物語」とあるとおり、源氏物語のあらすじがザックリと掴めます。あさきゆめみしと比べてこっちのほうがはるかに読みやすかったですね。

源氏物語の一帖を見開き8コマでまとめてあるのでコンパクト!こちらも五十四帖すべてが網羅されていて、豆知識なども掲載されています。あの長編物語をこのボリュームで抑えたのはすごいと思います。

また、登場人物が栗やソラマメなどのゆるキャラ風にしたのもいい考えです。でもふざけているのではありません。

こうすることによって、成長や昇進などによる登場人物の名前の変化に混乱しないですむのです。これはあさきゆめみしにはない工夫ですね。着物などの衣装や小物もちゃんとしています。

 

スポンサーリンク

読み終えるのにかかる時間は?

忙しい受験生、長い作品は読んでいられませんね。

「あさきゆめみし」はどの程度流すかにもよりますが6時間程度で全巻通読できます。一気読みではなくて、少しずつ読むとよいと思います。

「まろ、ん」は、8 コマ×54 帖なので 1 時間もかからずに読み終えられます。ちなみに僕は病院の待ち時間で最後まで読めてしまいました。

親しみやすい絵ですぐ読める「まろ、ん」で全体把握→よりドラマチックな「あさきゆめみし」で和歌も含めて雰囲気をおさえるという流れで読むといいと思います。

ほんとに漫画で大丈夫? 成績あがるの?

僕の実体験からいうと、古文の成績はあがりました。

古文が得意でない人からすると、そもそも文字どんなにわかりやすく説明してあっても、全然頭に入ってきません。登場人物の名前や漢字の読み方やでつまづくからです。

漫画はそこを視覚で補ってくれるのでとても役立ちました。

英文も背景などを知っているものは理解しやすいですよね。それと同じで、漫画で流れや時代背景などをざっと頭にいれておくだけで、ずいぶん古文への抵抗が少なくなります。

それと、多くの古典文学の作者は多かれ少なかれ源氏物語を参考にしています。特に平安期の古典はどの本にも「源氏物語っぽい箇所」が登場します。

僕もこの「あさきゆめみし」と「まろ、ん?」を読んだあとは、古文を読んでいて「あ、これあの源氏物語の展開と一緒だな」というシーンに何度も遭遇しました。

そういうことがよくあるので、この2冊は古文を勉強する受験生は必ず読んでいたほうがいいです。

また、源氏物語自体も古文のなかでは難解で、敬語もよく使われることから出題頻度が高いです。

古文の得点アップのためにぜひ源氏物語の漫画を読んでみてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です