【全部無料】大学入試英語長文問題を無料で配布しているおすすめサイト3選!!




こんにちは!わたがしです。

大学入試で必ず求められる英語長文読解。

何度も同じ問題を解いているうちに内容を覚えてしまって役に立たない…ということはありませんか?

かといって問題集を何冊も買うのもお金がかかりますよね。

そこで今回は、英語長文問題や過去問を提供している無料サイトを紹介します。

【最難関大学受験者向け】無料で全問題に良質の全訳つき!

まず、イチオシは阿佐ヶ谷英語塾の「英語長文問題(全訳134題)」。

阿佐ヶ谷英語塾は徹底した少人数指導型の英語塾です。サイトでは塾の教材を全て無料公開しており、このページは英語の長文読解問題演習を主目的としたページです。

なんといっても全問題の全訳を掲載しているのが最大の特徴! 難関大学受験者の自習には全訳を提示することが長文読解問題演習の最善の方法である、との塾長の強い信念が表れています。

全訳は単なる逐語訳ではなく、自然な日本語でありながらも文法・構文などからは逸れずに問題文の背景までをも理解できる、大変質の高い訳です。

問題は PDF 形式で、1つのファイルに 5 題ずつ掲載されています。1 題ずつ、問題→文章レベル・設問などについての所見→解答→解説→全訳の順で進みます。解説は短いですが全訳が理解を助けてくれますし、難関大学を目指す受験生には必要十分でしょう。

塾長の情熱を打ち返すべく何度も訪れたいサイトです。

スポンサーリンク

【基礎固めをしたい人向け】詳しい解説でセンター試験をじっくり解こう

二つ目のおすすめは、「大学入試センター試験英語過去問題“超”解説」です。

本サイトの作成者はわかりやすい人気学習サイト(英語)を複数運営している田中丈博氏。

このサイトでは 2007 年以降のセンター試験を題材にしていますが、1 問ずつ大変丁寧に解説がついています。まさに「“超”解説」の名に偽りなし! 最も基本的ともいえる構文もカバーされており、基礎固めには丁度よいです。このサイトが物足りなくなってきたらステップアップしましょう。

問題はダウンロード方式ではなく一問ずつ完結する形で画面内に表示されます。隙間時間を活用したいときや、ほかのセンター試験過去問題集の解説でわからないときに利用してもいいですね。

ただし、現在解説がついているのが 2014 年のセンター試験までです。最新のセンター試験過去問解説がありませんのでご注意ください。

【国公立受験者向け】圧倒的!全国 120 校以上の英語長文がダウンロード可能

最後に、「大学入試過去問ダウンロード Benesse マナビジョン」をおすすめします。

問題や解答をダウンロードするためには事前にマナビジョンへの登録→ログインが必要ですが、通信教育最大手のベネッセが提供しているだけあって、全国 120 校以上の国公立大学の入試過去問題およびセンター試験過去問題が豊富に揃っています。

本サイトの特色は、問題が難易度別あるいは単語・長文などの種類別に分けられているのではなく、大学別に分けられていることです。志望大学の過去問題にダイレクトにあたれ、解説もついてきます。

各大学の過去の問題・解答とがそれぞれ PDF 形式でダウンロード可能です。問題は本番さながらの仕様でダウンロードでき、解答には(各大学ではなく)ベネッセが独自に作成した回答と解説がつきます。

以上、英語の長文問題が入手・ダウンロードできるサイトを対象者別に3つ紹介しました!

ここで紹介した英語長文はこちらの英語長文問題集の使い方を参考にしてまとめていくことをお勧めします

英語の問題集用ノートを丁寧にまとめ、成績を大幅に上げる書き方5つのコツ

2018年4月23日

ここまで読んでいただきありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です