受験勉強中に突然来る“落ちる不安”に対処する方法




こんにちは!わたがしです。

受験勉強、頑張り始めのころは、「よし!頑張るぞ!」なんてやる気にみなぎっていたものの、少し経ってみると、「本当にこれでいいのか」、「もっと良い方法があるのでは!?」、「こんなんで本当に受かるのか」なんてついつい考え込んでしまう…。

そんな方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな方に向けて、「勉強中突然来る“落ちる不安”に対処する方法」についてお話ししていきます!

勉強中突然来る不安に惑わされないで!

勉強中、特に採点した後や、自分の正答数を見た時。「この問題集、自分には合っていないのではないか」、「本当にこんなんで志望校に受かるの?」と不安になってしまう事、ありますよね。

僕もありました。

不安になって、本当なら勉強をするべきなのに、問題に手がつかなかったり、ネットで参考書や問題集を調べ始めたり。

友達のやっている問題集や参考書が妙に気になったり。

本屋さんの参考書コーナーを物色し、新たな問題集や参考書を購入したり。

でも、この新しく買った問題集や参考書、最初は「自分に合っている」、「これをやれば受かるに違いない!」なんて思っても、やっているうちにまた、「やっぱ違う。」、「自分に合って
いるのはこれじゃない。」なんて不安になってしまいませんか?

そしてまた“自分を受からせてくれる一冊”探しの旅に逆戻り。

なんてなってしまう人も、多いのではないでしょうか。

結論から言ってしまえば、これは大変な時間のロスです

僕の周りにいる頭の良い友人には、 “一冊の問題集、参考書をやり込む”派が多く、僕自身、本当に「結果が出た!」、「身になった!」と感じたのは、一冊の問題集を 3 周ほどした後でした。

「そんなこと言ったって、不安になるものは不安になるんだ!」という方。

安心してください。

あなたが不安を感じているのは、合格へと近づいている証拠です。

あなたが頑張って勉強しているからこそ、不安というものは生じてきてしまうのです。

とは言っても、目に見えるものがなければ、不安になるのが人間というもの。

次項では、不安になった時の対処方法について紹介します。

スポンサーリンク

不安への対処方法とは?

不安への対処方法その1。「問題を解くときは、ボールペンを使用するべし。」


人間は、目に見えるものがなければ不安になる。

それならば、自分の努力を形として残せばいい。

簡単ですよね。

そこで用意するのがボールペンです。

高いもの、芯を替えるタイプのものはやめてください。

用意するのは、百円ショップとかで売っている、数本セットの安いボールペンです。

高いものは、やはり大事に使おう、なんて思ってしまうのが人情。

勉強に、ボールペンへの気遣いは無用です。

安い、どう扱っても気にならないボールペンを使って、ひたすら勉強をしてください。

勉強をしていると、当然ですがインクが切れてくると思います。

そしたら、そのインク切れのボールペンを、どこかに保管しておいてください。

不安になったら、取り出して見れる場所が良いです。

そのインク切れのボールペンは、あなたが頑張った証です。

あなたが、何問もの問題を解いた証なのです。

入試前夜など、不安になって仕方がないときには、このボールペンを取り出して見てみてください。

その頃にはきっと、ボールペンの数は大変なことになっているでしょう。

目に見える、“あなたが頑張った証”を見れば、きっと不安も解消されるはずです。

不安への対処方法その2。「問題を解くときは、鉛筆を使用するべし。」

これも、不安への対処方法その1。と同じ理屈です。

同じ様に、使えなくなるほど短くなった鉛筆を、どこかに保管しておきましょう。

不安になった時、その鉛筆を見れば、「こんなに頑張ったんだから、受かる筈だ!大丈夫!」

と自然と思えてくるはずですよ。

僕はマークシートを解くために使っていた鉛筆は大切に保管していました。机の引き出しにしまい、疲れたときにふと見ると、結構元気が出ます。

スポンサーリンク

不安への対処方法その3。「リラックスするべし。」

まずは大きく深呼吸をしてみましょう。

そして、自分のおなかが減っていないか、よく眠れているかを考えます。

人間、睡眠不足の時、空腹時には良くない方に思考が傾いてしまうものです。

おなかが減っていたらご飯を食べてください。

そして、睡眠不足でも、そうでなくても寝てしまいましょう。

時間は短くても大丈夫です。

目を閉じると、不安が更に大きくなって、頭の中に充満してくると思います。

それを無視してください。

ついつい考えそうになってしまうかもしれませんが、考えないでください。

自分の呼吸だけに耳を澄ませて、何も考えずに目を閉じる。

気が付けば、頭がすっきりとして、自分がどうすればいいか、見えてくると思います。

まとめ

ここまで、「勉強中突然来る“落ちる不安”に対処する方法」についてお話してきました。

いかがだったでしょうか?

紹介した対処方法を使って、上手く不安と付き合い、受験勉強、頑張ってくださいね!

それでは、ここまで読んでいただき、ありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です