【おすすめ】受験ストレスを大幅に解消~おしゃべりの効果と注意点~




こんにちは!わたがしです。

4 月になり、高校3年生はいよいよ受験にスイッチを入れ替える時期ですね。

この時期になると、周りも忙しく、勉強ばかりで、今まで出来てきていた“友達とのおしゃべり”が少なくなってきた、と感じる人も多くなっているのではないでしょうか。

そこで、今回は、「受験ストレスはおしゃべりで解消!おしゃべりの効果と注意点」について、お話していきたいと思います!

おしゃべりにリラックス効果があるって、本当?

皆さんは、“自律神経”について聞いたことはあるでしょうか?

自律神経とは、体の調子を整えてくれる神経のことで、これは“交感神経”と“副交感神経”の二つに分けることができます。

この“交感神経”は、簡単に言うと、勉強を頑張っているときなど、活動している時に働く神経で、“副交感神経”は、お風呂に入ってぼーっとしている時など、リラックスしている時に働く神経です。

そして、仲のいい友達とおしゃべりをしている時に働いているのも、“副交感神経”なのです。

即ち、仲のいい友達とおしゃべりをしている時、あなたはリラックスした状態にある、と言えます。

スポンサーリンク

リラックスすると、勉強の効率はどうなるの?

ちょっとここで、今までの試験前について思い出してみてください。

試験数日前から勉強を始めて、「ヤバイ!終わらない!」なんて言いながら、何とか試験当日に間に合わせた、なんて事もあるのではないでしょうか。

僕はよくありました(笑)

しかし、大学受験は今までの試験とは違います。

一番の違いは、試験範囲の広さです。とても数日前に始めて合格!なんてことはできません。

日ごろからの積み重ねという、非常に面倒くさいことをしなくてはならないのです。この非常に面倒くさく、且つ地味で結果もすぐには現れない“レベル上げ”。

すぐに心が折れると思いませんか?

僕は折れます。

では、どうするか。簡単です。自分へのご褒美、即ち“リラックスタイム”を挟むことで、モチベーションの維持を図れば良いのです。そうすれば、勉強の効率を最大限に引き上げ、保つことができるでしょう。

リラックスに最適な方法は?

前の項目で、リラックスが受験勉強に必要だということをお話ししました。

しかし、自分へのご褒美と称し、ゲームや趣味に走るのはお勧めできません。

皆さんも、「ゲームや趣味に没頭していたら、何時間も経っていた。」なんて経験があると思います。その点、仲のいい友達とのおしゃべりなら、友達も忙しいので、「気が付いたら…。」といううっかりを防ぐことができます。

「そんなこと言ったって、話す機会がないよ!」というそこのあなた。

機会というものは、作ろうと思えば作れるものです。例えば、塾や学校での行き帰り、昼食などなど。探してみれば、沢山あるのではないでしょうか。

僕は学校の帰りに意識して友達と話すようにしていました。

「でも、友達も忙しそうで、声をかけれない。」なんていう人には、朗報です。あなたが、受験のストレスを抱えているならば、友達もストレスを感じているはずです。

そっとこの記事を差し出して(決して勧誘ではありませんよ)、おしゃべりがいかに受験勉強に必要であるか、話してみてください。

きっと、快く頷いてくれることでしょう。

スポンサーリンク

ここは気を付けたい!受験期における、おしゃべりの注意点。

「仲のいい友達とのおしゃべり、結果的に勉強効率が上がるんだったら、いくらでもやっていいの?」

もちろん、そんなことはありません。

受験生は一日 10 時間以上勉強しなくてはならない、なんて言われている程。勉強の邪魔にならない程度、10~15 分程度のおしゃべりをお勧めします。

30 分以上になると、勉強モードへの切り替えが困難になってしまいます。

友達と沢山おしゃべりをするのは、受験が終わってからのお楽しみにしておきましょうね。

おしゃべりの注意点

ここで、おしゃべりの注意点を一つ。友達とのおしゃべりに、LINE や Twitter といったSNS などを使わない事

僕も経験のある事ですが、仲の良い友達であればあるほど、LINEなどでのやりとりは止まらなくなります。

相手が返してくれているんだから…と自分も返し、そしたらすぐに相手からまた返信があって…の無限ループ。

受験期には、SNS の使用は最小限にし、直接おしゃべりすることをお勧めします!

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、「受験ストレスはおしゃべりで解消!おしゃべりの効果と注意点」についてお話してきました。

いかがだったでしょうか?

受験勉強というのは、ストレスが多いものです。

適度に友達とのおしゃべりを楽しんで、受験勉強、頑張ってくださいね!

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です