簡単にわかる!大学の部活・サークルの違いを説明します




こんにちは!わたがしです。

大学受験を控えた皆さんの中には、「高校でやってる部活動を大学生になっても続けたいなぁ。けれど、大学の部活はどんなものだろう」と不安に感じる人がいるかもしれません。

一方、部やサークルに入ると、より一層大学生活が楽しめそうな気もしますね。

そこで今回は、大学の部活やサークル活動について、高校との違いを踏まえてお伝えします。!

高校の部活と大学の部活はレベルが違う?

結論から言うと高校より大学の部活のほうがハイレベルです。

とくに練習量ではなく、質において大学の部活のほうが高いですね。

が、やはり例外もあり、高校でいわゆる強豪校で部活をしたのちに強くない大学に入った場合、「大学なのにこの程度?」と思う人もまれにいます。

スポンサーリンク

大学の部活とサークル、違いは何?

大学には、高校ではなかったサークル活動というものがあります。

では、サークルとはなんでしょうか? 部と異なるのでしょうか。

大学によって呼称が違いますが、おおまかにいうと、部は大学から「部」として認可をうけている団体で、サークルは部以外の同好会・愛好会・研究会などのことです。

サークルも学校公認のものと未公認のものがあります。

大半の大学のウェブサイトで、部と公認サークル一覧が掲載してありますので、志望校のサイトを確認してみるといいでしょう。

その他、部とサークルの違いとしては、大学からの設備管理や補助金などのサポートの手厚さが挙げられます。

支援体制は部>公認サークル>未公認サークルの順で、部ではサポートを多く得られるかわりに大学から成果も求められます。

また、インカレ・六大学戦など大学対抗の公式戦には、大学公認の部(または部に準ずるところ)で出場エントリーをします。サークルでは出場できません。

部活とサークル、どちらに入ればいい?

基本的には、究めたい・上達したい人は部に、楽しみたい人はサークルに入るとよいです。

部に入ると、学業+部活が大学生活のほぼすべてとなります。

僕の先輩は成人式にも出席していません。

それに対して、サークルは比較的自由度が高いです。

ひたすら打ち込みたい何かがあるなら部に、旅行やアルバイトなどといろいろな経験も積みたいならサークルに入るほうがいいでしょう。

ただし、サークルのレベルは団体によってかなり差があるので注意が必要です。部活並みに合宿まで行うサークルもあれば飲み会中心というところもあります。

サークルの情報は大学入学後にもたくさん入ってきますので、先輩の話なども参考にしてみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
大学の部は高校の部よりもハイレベルで、本気でやればやるほど大学生活の大きな部分を占めます。

部にするかサークルにするかで迷ったら、僕は自分がどこまで真剣にやっていきたいのかを自問してみることをおすすめします。

今回の記事が少しでもお役に立てば嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です